美容のためにできること

美容のために気を付けることは二つあります。

一つ目は日焼けをしないこと、二つ目は潤いを保つことです。

実は、太陽の日差しの中には肌の奥まで届き、深いダメージを与える波長のものがあります。

 

これはシミや皺、肌老化の原因ともなり得ますので、極力ブロックしたいものです。

日常使いの日焼け止めと外出用の強めの日焼け止めを場合に応じて使い分け、つばの広めの帽子や日傘で日差しをよけます。

帽子や日傘を選ぶときは、紫外線遮蔽率の高いものを選び、熱の籠もらないものを選ぶと真夏のお出かけにも重宝します。

 

二つ目の潤いは外からも内からも補充します。

外からの潤い補給はつまりスキンケアのことです。肌のバリア機能である角質を傷つけないよう洗顔し、たっぷり化粧水をしみこませた後クリームで蒸発しないようにふたをします。

 

そして忘れがちなのが、内からの潤い補給です。

汗をかいた時やお風呂の後、就寝前、しっかりと水分を飲んでおくことで体の乾きが防げます。

唇や肌がガサガサになるのは体内が乾いている合図でもあるのです。

日焼けをせず、潤いを保つこで何年後にもみずみずしくありたいものです。